HIDライトで明るい!

■HIDとは

 High Intensity Discharged Iampの略で、今までのハロゲンライトよりも格段に明るいライトです。通常自動車のヘッドライトに使用されるハロゲンランプは、ハロゲンガスを封入した密閉容器内で、フィラメントという金属の芯材が発熱、発光することで光を放ちます。 しかし、HIDにはフィラメントは無く、インバーター・イグナイターという部品で車両の電力12Vを約2万Vにし、バルブ内の電子と金属原子を衝突させ(アーク放電)発光させます。

■色温度とは

 ロウソクや白熱電球、蛍光灯や太陽光、私達が日常生活で見る光の色はそれぞれです。この光の色合いの尺度を色温度、ケルビンで表しています。 色温度(ケルビン)が低いとオレンジがかった、暖かみある色となり、色温度が高くなるにつれ、日中の太陽のような白色の光に、更に高くなると青みがかった爽やかな光となります。数字が大きいから明るいというわけではなく、黄色→白色→紫の順に数字が大きくなります。

 

まずは弊社スタッフまでお気軽にご相談下さい!